水商売の中でも人気のあるキャバクラの仕事を紹介します

店内

体験入店をする

キャバクラの仕事内容は、主に来店した男性客への接客となります。
接客内容としては、お客さんと楽しく話せるように気を配るというものです。
楽しく話せるように、お客さんと一緒にお酒を飲むこともあります。
また、お客さんのお酒を作ることもあります。
お酒の作り方や、席の付き方等はお店に入店した時点で、店長や先輩から習うことが多いです。
キャバクラの体験入店等の際にも、最低限のルールや、お酒の作り方を教えてくれる所がほとんどです。
しかし、あくまでも体験入店なので、実際に働いてから覚えることもたくさんあります。
他にもタバコに火を付けることや、トイレへのエスコートがあります。

キャバクラに体験入店する際は、レンタルドレスがあります。
レンタルドレスじゃなくても、実際に自前のドレスを持参して仕事を行うこともできます。
また、名刺はお店で準備します。
お店から体験入店用の女性用の名刺をもらうことができます。名刺といっても、体験入店用なので特に記載がないものを渡されることが多いです。
基本的にもらった名刺に手書きをすることが多く、そこに名前と連絡先を手書きで記載します。
店内では、源氏名と呼ばれるお店独自の名前を使うことが多いです。
名前の決め方はお店によって異なります。
自分で決めることもありますが、お店の方で名前を決めてもらうこともあります。
基本的にキャバクラで働いている間は、源氏名で名前を呼ばれます。
名刺にも源氏名を記載して業務を行い、日頃の自分とは異なる名前で呼ばれます。

Copyright© 2015 水商売の中でも人気のあるキャバクラの仕事を紹介します All Rights Reserved.