水商売の中でも人気のあるキャバクラの仕事を紹介します

店内

昼キャバという働き方

キャバクラの営業時間は、通常夕方から深夜の24時頃程度までとなっています。
しかし、営業時間はお店により異なることが多いです。また、昼にキャバクラの業務を行う昼キャバという形式もあります。
昼キャバの場合、仕事内容はほとんど夜のキャバクラと変わりません。
昼キャバの客層としては、普段夜に勤務を行っている人が多く、夜の仕事を終えた人たちが来ることが多いことが特徴です。
主婦やシングルマザーの人が副業として行っていることも多く、キャバクラよりも年齢層が若干高めになります。
外回り中のサラリーマンが来ることもあり、多くの男性客の癒しの場として昼キャバが存在します。
昼キャバの場合も、体験入店を行うことが可能です。
自分の働きやすい時間帯を考慮し、夜のキャバクラか、昼キャバか選ぶことができます。

キャバクラの中でも、昼キャバは服装が自由なことが多いです。
夜のキャバクラでは、通常ドレスやワンピースの着用が義務付けられていますが、昼キャバの場合は私服OKという所が多いです。
あまりカジュアルすぎるような服装だとNGになることがあるので、体験入店等でどのような服装で接客を行っているのか確認することが大切です。
また、通常のキャバクラと同様に、アフターがあることもあります。
昼でもお客さんにお酒をだすので、ドリンクバックやボトルバックといったシステムが採用されているお店も多いです。
お酒を飲むことができないような人は、ノンアルコールのドリンクでごまかすこともできますが、お店によって確認を行うことが大切です。
体験入店することのできるお店がほとんどなので、体験入店と最初に告げてどの程度お酒を飲むことが必要か、どのような客層か、接客内容はどんな感じなのか知ることが大切です。
体験入店前に、メール等で質問を行うことも出来るので、質問して納得の上で体験入店を行うこともできます。

Copyright© 2015 水商売の中でも人気のあるキャバクラの仕事を紹介します All Rights Reserved.